裏板再塗装とピックアップ取り付け修理2017.04.03

ウクレレ裏板剥離・再塗装

 

裏板の塗装の剥離・再塗装とアンダーサドルピックアップの埋め込み修理です。裏板は滑り止めのゴム板を貼っていたのか、かなり汚くなっていましたので一旦塗装を剥離剤で剥離します。業務用の強力剥離剤を使用するので大抵の塗膜は綺麗に剥離できますが、たまに特殊な硬い塗膜だと反応しないことも。その時はしょうがないのでスクレーパー等で削り取るしかありません。今回は自分が作ったウクレレでもあり綺麗に剥離できました。

 

続きを読む »

ひとまず塗装完了2017.03.31

ベルシェイプ&パイナップル塗装

 

ラッカーフィニッシュの上塗り塗装がひとまず完了しました。どうしても今月中に吹き終わりたかったので何とか間に合ってよかったです。今回は本数が多すぎて一回では吹けなかったので先に急ぎのベルシェイプとパイナップルを。残りは中塗り塗装まで終わっている分を今日研磨して明日吹きます。最近は気温や湿度等塗装するにはちょうどいい感じなので特に問題ありませんでした。

 

続きを読む »

ベルシェイプ・アバロン貝パフリング2017.03.28

ベルシェイプテナー・パフリング ベルシェイプ・アバロン貝パフリング

 

少し前の作業ですがベルシェイプ・テナーウクレレにアバロン貝パフリングを巻いています。今回は黒白黒のラインを内側に入れて貝の外側にも同じく黒白黒を入れます。アバロン貝パフリングを巻く場合、溝の幅がかなり広くなるのでそれに合わせてライニングも幅広の蛇腹ライニングにしてあります。内側の黒白黒のラインをまずはピンで固定しながら接着していきます。少し乾いたらその後にアバロン貝のピースを一つづつ並べてきます。

 

続きを読む »

ミニチュアウクレレボディ完成2017.03.25

 

ミニチュアウクレレ Koa & Mango

 

今回製作しているミニチュアウクレレはハワイアンコアとカーリーマンゴーで。このサイズだと材料の選別に苦労しません。通常のウクレレ制作の過程で出る端材がいくらでもあるので、その端材を有効活用するためにもミニチュアウクレレ製作はいいかもしれません。また板もかなり薄くするので普通のウクレレでは薄すぎて使えない材料でもミニチュアウクレレだったら使えたりします。

 

続きを読む »

ミニチュアウクレレの甲付け2017.03.21

ミニチュアウクレレの甲付け

 

ミニチュアウクレレの甲付け作業。ミニチュアウクレレの胴に表裏が同時に接着されます。小さいだけで接着のやり方は通常のウクレレと一緒。ただあまりにも小さいので使う冶具や方法はちょっと違いますが原理・原則は同じことです。普通のウクレレの場合、私はジャッキを使って接着しますが、ミニチュアウクレレではジャッキが大きすぎるのでクランプで固定しています。このやり方でも特に問題はありません。

 

続きを読む »

Top