コアウクレレ・オーバーホール修理2021.01.16

コアウクレレ・オーバーホール修理

 

肩の部分が抉れてしまっているオールコアウクレレのオーバーホール修理、新品同様に仕上げます。肩の部分の抉れがもう少し浅かったら何とか消えてくれたかもしれませんが、ここまで深いと完全に消すのは無理。なるべく目立たないようになればいいですが、この部分だけ下塗り塗装を厚くして少なくとも平らには仕上げる予定です。

 

スプルースのような軟らかい木でたまにこういった抉れは見かけますが、ハワイアンコアのような硬い木でも熱心に弾けばここまで抉れてしまいます。ピックガードが貼ってあればこうにはならなかったもののそれは後の祭り、言っても仕方ありません。完全に消そうとすれば板が薄くなりすぎてしまうので、ある程度削ってあとは塗装で何とかします。


Top