表キズ・再塗装修理2020.11.02

表キズ・再塗装修理

 

懐かしの茶位ウクレレ。とは言っても2014年製のようなので私が辞めた後の作品。確かにどう見ても私が知っている茶位ウクレレですが、デザインが微妙に進化しています。弦高が少し低いのと、ブリッジ下に白い傷が入っているので綺麗にします。白くスジになった傷は木部まで入っているので、表板の塗装剥離が必要、綺麗に再塗装すれば新品同様に仕上がります。

 

弦高は2㎜を切っていて低いのでサドルを作り替えます。表の傷は部分補修ではちょっと難しいので、表板全面の塗膜を一旦剥離してからの再塗装修理です。もう少し傷が浅ければ部分塗装で何とかなった感じですが、今回は木部まで傷が達しているようなので部分塗装ではちょっと無理っぽい。ということで表板のみですが綺麗に仕上げます。


Top