ブリッジ剥がれ再接着修理2024.01.26

ブリッジ剥がれ再接着修理

 

塗膜の上から接着されたブリッジはいつか必ず取れますという、でも割とよく見かける症例です。ボンドの厚い層も残っているので圧着もあまりされていないようで、これでは取れない方が驚きと言ったところ。ブリッジは綺麗に剥がれてくれた方が、修理するにはその方が簡単なので、ボンドの層を綺麗に剥がしてから木地に直接接着します。ピックアップは邪魔になるので一旦外してから、後で再度取り付けます。

 

続きを読む »

古いカマカ分解修理2024.01.16

古いカマカソプラノ分解修理

 

古いソプラノカマカの分解修理。もう何台も修理しましたが、ボンドの劣化はやっぱりいつもの通り。一見付いているように見えてもヘラを入れてみると簡単に剥がれてしまいます。今回のソプラノカマカもいたるところでボンド劣化が起きているようなので、表裏ともに剥がしました。同様にブリッジも一旦剥がしてから再接着します。接ぎ割れもちょっと怪しいので、補強のために割れ止めも貼る予定。ヘッドはロゴマークが入っているので塗装しませんが、あとはボディ・ネックともに綺麗に再塗装します。

 

続きを読む »

ベルシェイプ・コア・テナー・カッタウェイ2024.01.06

ベルシェイプ・コアテナー・カッタウェイ

 

年末に完成し出荷はできたものの、海外行きだったため、年明けにようやく無事に届いたようで連絡を頂きました。ベルシェイプテナーのカッタウェイ、スプルーストップにハワイアンコア・サイドバックです。デザインは色々なところでとても個性的な1台になりましたが、音はいつも通り、締まった良い音がしています。年明け早々、地震があり飛行機事故がありで、前途多難ではありますが、ウクレレ自体はとても喜んでいただけたようで安心しました。

 

続きを読む »

ハワイ・ウクレレ再塗装修理2023.12.22

ハワイウクレレ再塗装修理

 

昔のハワイのウクレレの作りが大胆で凄いのは知っていましたが、今回のウクレレも何とも大胆な作りで驚いてしまいました。ネックは半加工の状態で塗装されておりまだ四角い!フレットも横から思いっきり飛び出していて、フレットバリというより、弾いていたら血だらけになりそうなレベル。何故これで塗装に入ろうと思ったのか、驚愕してしまいましたが、ネックはきちんと削らなくては弾けるようになりません。逆反りも出ているようだし、ある意味治しがいのあるハワイウクレレです。

 

続きを読む »

セラック塗装補修修理2023.12.15

セラック塗装補修修理

 

石井栄氏のオールセラックソプラノの塗装補修修理です。ブリッジ横が割れたようで割れは治してあるようですが、塗装が剥げてしまっています。石井さんは私より遥か昔の兄弟子に当たる存在で、一緒に働いた期間はありませんが私にとっては雲の上のような方、古楽器を多く手がけられていたのでセラック塗装が多いですが、このソプラノもオールセラック塗装の作品です。セラック塗装は手間暇がかかるので、来年に渡ってしまいますが少し時間をかけて治してみます。

 

続きを読む »

Top