ウクレレ裏板の役割2016.01.22

ウクレレのバスバー

 

昔はとにかく音を作り出す表板が楽器には重要だと考える向きがありました。表板の厚みやブレースのパターンで音はほとんど決まってしまうと。まあそれはそうなのかもしれませんが、でも裏板も同じように音に影響を与えているのも事実。裏板はポンプの役割です。表板で作られた音をサウンドホールから押し出す役割が裏板にはあります。

 

続きを読む »

ウクレレネック作り2016.01.21

ウクレレネック作り

 

ウクレレに限らずギターでもマホガニーのネック材は通常への字材として売られています。ウクレレでもギターでもヘッドは斜めに落ちてヘッド角が付いているので、そのように製材された材料です。以前はへの字材を取り寄せていましたし在庫もあるのですが、最近のネックの作り方はヘッドの部分を接着するやり方なので、への字材は今は購入していません。

 

続きを読む »

ウクレレの胴削り2016.01.20

胴削り

 

ウクレレの胴組みが終われば表裏を接着するために胴削りを行います。表側は完全に真っ平に、裏側は少しカーブを付けて、前ブロックに向かってテーパー気味に削ります。この削り具合は長年の感覚なので言葉では言い表せませんが、修行時代に嫌というほど削ったのでその感覚が体に染みついています。

 

続きを読む »

ウクレレの胴組み2016.01.19

ウクレレの胴組み

 

胴組みとは横板を曲げて上下ブロックとライニング(糊代)を接着する作業を言います。このやり方は修行時代から全く変わらず、とはいえ世間一般のやり方とはちょっと違います。

 

クリップで挟んでライニングを接着するやり方が一般的ですが、私のやり方は修行時代から一貫してクビレで突っ張る方法。どちらがいいというわけではなく、ただこのやり方に慣れているからですが、型にぴったりと添わせることができ、ライニングの接着もしっかり出来るのでいい方法だと思います。

 

続きを読む »

ウクレレダブルケース2016.01.18

ウクレレダブルケース

 

私は仕事柄、ウクレレを5本、6本と持ち運ぶ必要があるので常々、複数本入りのウクレレケースはないものかと考えていました。例えば3本入り、4本入りのセミライトケースなんてあれば高くても買いたいですが、まあないのでテナーウクレレ2本入りのセミライトケースを2つ、今回ウクレレケースを注文したついでに購入しました。

 

続きを読む »

Top